犬猫にとってできる限りの苦しみや痛みを伴わないように、ご家族と穏やかな時間を過ごしていただけるように、一緒に考えましょう。